老前整理~食器&押入れ収納

『老前整理』とは、還暦、退職のタイミングなど、まだ体力があるうちに身の回りのモノを今後の生活に合わせて整理しましょう、という考えです。

家にモノがあふれていると、つまずき転倒する危険が増えます。記憶力も衰え、大事なモノがどこにあったか分からなくなってしまうかもしれません。身体が動くうちに、あなたの新しい時間を楽しむ為に『老前整理』を始めませんか!?

 

昨日、Mさん宅の老前整理が無事に終わりました。貴重な経験だけでなく素敵なお話をたくさん聞かせてくださり、撮影や掲載の許可を快く承諾なさってくださったMさんご夫妻。本当にありがとうございました。

 

奥様が用意してくださった『お正月用品』の収納からスタートしました。取り出しやすいように食器棚の一番下の収納スペースを利用し、奥様が使うのモノだけを収納。『ついでにここも!』と急遽お願いされた床下収納も整理させていただきました。

 

食器棚の中に入っていた使っていない食器は、『自分じゃ捨てられないから居酒屋やっているお友達にあげます。』とおっしゃっていました。使う人に譲ったり、リサイクルショップに売っり・・・自分じゃ捨てきれない人は『捨てずに手放す方法』はいくらでもあります。残すものは使っているモノ(これから使うモノ)と思い出のモノだけ。

 

床下収納は落下の危険がないように、高さがあるモノは立てて収納。細々したモノはカゴを利用し、カゴの下に古い鍋などを置いて高さを作りました。

 

続いて押入れ収納の見直しです。

 

天袋はイスなどを使わないと取り出せないので、落下の危険があるため老前整理の時はなるべく使用しないように心掛けています。今回天袋に入っていた品々はほとんど不要なモノでした。『どうしてこんなモノを取ってたのかしら!?』と奥様。

 

中段、下段もほとんど使っていないモノばかりでした。ご夫婦だけの生活になると『収納場所の見直し(不要なモノ探し)』をする機会が減ります。だから気付かないうちにどんどん不要なモノが増えて、使い勝手の悪い収納、行方不明のモノが増えていくのです。大掃除や衣替えなど、年に何度か収納場所の見直しをするだけで、モノが溢れたり必要なモノが行方不明になったりすることを防ぐことができます。

 

【整理収納サービスの感想】

☆ 今回のお申込の決め手は何でしたか?

◎ 老前整理のサービスをやっていることをインターネットで知ったから。
◎ 金額が良心的だったから。

☆ 今のお気持ち、ご家族の反応はいかがですか?

◎ 欲しいものがすぐに取り出せるようになった。
◎ 念願のシアタールームができてとても嬉しい。
◎ 妻が、洋服を選び、着替える時間が短縮できるようになったと喜んでいる。
◎ 妻が洋服をきちんと片付けるようになった。

☆ 最も良かった点、気付かれたことは何ですか?

◎ リフォーム時にかなり捨ててスッキリなったはずだったのに、この10年でこれだけのゴミが出たことにおどろいている。
◎ 落下やケガの心配まで考えて片付けてくれてありがたかった。
◎ 捨てる指示ではなく、必要な物を選び、思い出の品を取っておく選択をくれたことがうれしかった。
◎ 清掃センターまで何度も運んでくれてとても助かった。

☆ 整理収納サービスはどのような方におススメですか?

◎ 老前整理、生前整理を考えいている人。
◎ 物がたくさんあって自分では整理できない人。
◎ 片付けても捨てに行くことができない人。
◎ どうやって片付けていいかわからない人。
◎ 夫婦で片付けに対する価値観が違う人。

Mさん、貴重なご意見・ご感想をありがとうございました。