『親子で楽しむ』が一番!

 

今日は夏休みに続き『ポリ袋クッキング&防災セミナー part②』を開催いたしました。

私の頼りになるパートナーは、佐賀の『風・空・間』代表、すっきり空間アドバイザーの飯田由美子さんです♡

定員よりも5名多い37名の親子に楽しい時間を過ごしていただきました(*^^*)

今回は初の”お父さん参加”もありました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大村ケーブルテレビさんが取材に来てくださいました。

『見ているだけでも美味しそうでしたが、食べてみると本当に美味しくてビックリしました!ポリ袋クッキング、凄いですね!!』

と、嬉しいご感想をいただきました。

4月8日(月)に大村ケーブルテレビ、11chいきいき大村マイタウン(19時~)にて放送予定です。

 

 

ご参加くださった皆さんからも嬉しいご感想をたくさんいただきました。

掲載許可をいただいたものをご紹介いたします。

 

☆ポリ袋クッキングに興味はあったのですが、実際にしてみて、簡単で良かった。帰ってから防災時の持ち出し品の準備をしたいです。

★災害時の対応と備え方について学ぶことができました。防災袋の準備をします。

☆ポリ袋に材料を入れて煮るだけで調理ができることがよくわかった。子どもが楽しそうだった。

★日常的に”お楽しみのひとつ”としてポリ袋調理、そしてランプで食事をしてみます!

☆ポリ袋でご飯が普通に炊けたこと、お鍋で炒めたりの工程がなくても、とても美味しく料理ができること、防災の知識を得ることができました。

★家にある防災用品を集めてみる。家族みんなの災害時の集合場所を話し合う。

☆災害は他人事のように思っていたので、改めて考えるいい機会になりました。子どもと一緒に調理ができたことも良かったです。

★防火や減災になるので、家の中の物を減らしたいと思いました。

☆停電時を想定し、懐中電灯だけで食事をしてます。防災について家族で話したいです。

★帰ってから、上から物が落ちてきそうなところから片付けていきます。

☆防災への意識を子どもと一緒に共有できたこと。防災バック、非常食などの備蓄チェック。

★ポリ袋でも美味しい料理ができることを知りました。楽しかったので家でもやってみます!

 

たくさんの素敵なご感想をありがとうございました。

とても励みになります(*^-^*)

 

 

今回も子ども達の楽しそうな、そして真剣な眼差しがとても印象的でした。

火傷をしたり、包丁で指を切ってしまった子もいました。

とても心配でしたが、それでも調理を続け、美味しそうに食べている姿から『大きな達成感』を感じました。

お家に帰ってからもポリ袋クッキング、そして防災準備を親子で楽しんで欲しいと思います。

 

 

防災準備もお片付けも『どこか他人事』という人が多いです。

ですが、どちらも経験した人からは『やって良かった!』、『絶対必要!』という声をいただいております。

嫌々取り組んでも長続きしない防災準備やお片付け。

親子や家族で『楽しく取り組む』、『達成感を共有する』ことがとても大切だと思っております。

ハードルが高いと感じる方には、まずは防災やお片付けを意識する、改善点をさがすことから是非初めていただきたいと思います。

 

 

また夏休みのイベントとして『ポリ袋クッキング&防災セミナー』を検討しております。

一人でも多くの方に防災やお片付けについて知っていただきたいです。

学校や幼稚園PTAでの開催のご相談・ご予約も承っております(*’▽’)

 

 

あなたの『片付けたい!』気持ちと『片付けたいけど…』の気持ちを実践面と心理面からお手伝い。

5Sインストラクター認定講師、収納マイスターの金原由納でした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました(*^^*)