‟人を生かす” 経営とは?

昨日は、入会後初の『中小企業家同友会 大村市部 6月例会』に参加しました。
新入会員紹介があり、中同会のバッジをいただきました。

 

 

昨日の例会では、長崎出島支部の(株)ドゥアイネットの土井会員が体験報告をなさいました。
社員愛がとても素晴らしい土井さんのお話の中で、

 

・人を生かすとは、究極は社員の人生を預かる(社員を生かす)ということ。

・社員を生かす中で一番の問題となるのは、経営者が望む社員に対する希望と現実のギャップ

・経営とは、経(会社のあり方)営(仕事のやり方)であり、をしっかり社員に伝えること。

・会社は社員と共に育ち、やり続けるからたどり着く

 

という言葉がとても胸に刺さりました。
私がお客様にお伝えしている5Sの神髄に近いものを感じました。

 

起業したての頃は、『いつか事業規模を大きくできると良いな~』くらいの気持ちで始めましたが、御縁というのは面白いもので、次から次に素晴らしい御縁をいただき今に至っております。

 

経営に関しては全くの素人の私。
企業様、法人様にお仕事をいただくようになって、『真剣に経営学を学ばないと…でも、精神保健福祉士(国家試験)の勉強も続けてるし…』と弱腰になっておりました。
しかし、いただく御縁というのは ‟今の自分に必要だから来る” という認識でいるので断る理由もなく、視点を広げるためにもしっかり学んでいこうと思っています。

 

 

次回は7月。
無知過ぎる私にはさっぱり分かりませんが、とても有名な講師の方が登壇なさるそうです。

 

余談にはなりますが、中同会の魅力として…
・オンライン参加ができること(全国の中同会に参加OK)
・私のようにワンオペ育児状態で途中退席があっても温かくフォローしてくださる仲間がいること
・いつも笑いがたくさんの会場であること
・仲間を大切に思い、学ぶことが好きな人の集まりであること
上記を挙げることができます。
私もいつか体験報告者として登壇できるよう、これからもやり続けていきたいと思います!