親子でペアで防災クッキング

本日は、長崎市伊王島開発総合センターにおきまして『親子でペアで防災クッキング』を開催することができました。コロナ禍での開催は不安もつきまといますが、伊王島地域センターの担当者の方々が、市の感染対策に基づき計画を立ててくださいました。

 

防災クッキングは『パッククッキング』や『ポリ袋クッキング』とも呼ばれ、災害時の調理法として注目されています。ライフラインがストップした時に、少しでも温かい食べ物を食べ、心の疲れを癒すことが大きな目的とされています。

 

メニューは、ご飯・焼きそば・蒸しパン・親子丼の4種類を作りました。炭水化物が多いですが、どれも簡単にできる人気のメニューです!

 

【おばあちゃんとお孫さんペア、お父さんと子どもペアも】
【材料をハサミや手で上手に切っていきます】
【お湯に入れる前にしっかり空気を抜いて上部を結ぶことがコツです】
【焼きそば、親子丼、美味しくできました】

 

受講生様より…

★とても参考になりました。自宅でも防災グッズを準備していますが、見直しした

☆楽しかったです。おいしかったのでまた作りたいです。

★親子丼がとても美味しかった。

☆とても美味しかったので、またあったらやりたいです。

などなど、嬉しいご感想をたくさんいただきました。

 

夏休みの自由研究にピッタリの内容です。防災・減災と共に親子で楽しめる防災クッキングにも挑戦してほしいと思います。